「劇場版ペルソナ3」観てきました☆

先日、「劇場版ペルソナ3」を観てきました。
*公式HP     ↓公式PV↓
PVを観た時点で、もぅ涙腺が……という感じでした。
公開日から結構経ってましたが、やっと行くことが出来ました☆
ペルソナといえば、原作に忠実にアニメーションにしてくださっている
そこに注目しています。いつも。
やはり期待を裏切りません。記憶が蘇りました。
そして、ゲーム中では表現しきれなかっただろう
感情などが上手く再現されておりました。
……もちろん、ゲームにはない表現もプラスになって表現されていたりします。
ネタバレしないように気をつけて書いていきますが
やはり感想を述べる上で、少し混じる可能性がありますので(間接的にでも)
以下は自己責任でご覧ください。
……まず、
総評としては、感動しました。そして、深く考えるモノがありました。
しんみりしました。そういうテーマを扱っている為そうなると思います。
楽しいだけじゃない、悲しいだけじゃない。
色々考えさせてくれるトコロが、この作品の素晴らしいトコロだと思います。
小説を読んで、十人十色の感想・想いが生まれるのと同じで
ペルソナ3という作品は、色々考えさせられます。
そこまで、物語に飲み込まれる事が出来るのは
ある意味リアル・自然な世界観を演出してくださってるからだと思います。
もちろん、影時間とかシャドウとか……実際はないですが
一種の比喩表現として、1日のうちに何かしら鬱になる、思いふける一瞬ってあると思います。
毎日じゃなくっても、人生の中でネガティブになる時ってあると思うので
私の場合はそういう感じなのかな?と思いました。
あと、キャラがリアル。特に伊織くん。その辺にいそうです。
やけにリアルだった。
他のキャラも、アニメキャラ・つくりものキャラという感じがなく
声優さんも声優さん自体がいい意味で見えず、そのキャラになっていて
それが自然でのめり込むことが出来たのかも?と思いました。
(某ロボキャラは、声優さんっぽさが残りすぎていて違和感ありまくりでしたが)
あと、運命ってあるんだるかな……という疑問も自分の中でありました。
なかなかドラマティックな運命じみた出来事ってありませんが
負の連鎖ほど起こりやすいモノはないなぁとは思います。
あと、映画をみていて思ったのは
人間は、限りのない可能性がある生物なんだなぁと思いました。
「時間は有限。想いは無限。」
想いはパワーになる。諦めない、屈しない、打たれ強い……
厳しい世の中、ちょっとの事でもちょっとじゃない事でも
屈しない強さ、大事ですよね。
なんだかまとまりがやっぱりない文章で申し訳ないのですが
ゲームをやった事ない人もやった事ある人も
是非観に行ってほしいです☆
なかなかないストーリーなので、損はしません。きっと。
サイン入り色紙をいただきました。
アイギスでした☆
やっとペルソナ3映画観に行けましたぁ(*^o^*)<br />色々思ったり。またブログに想いをまとめたい。<br />2人で行って色紙がどちらもアイギスで、周りみたら皆アイギスだった......悲しみ。<br />天田君コロマル色紙欲しかったぁ(U´Å`U)<br />#p3_m #ペルソナ3 #手帳ゆる友 #ほぼ日手帳 #手帳 #hobonichi #techo #diary #手帖 #planner #ライフログ
ではでは☆

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)